おすすめ ヨーガスートラ

文典家パタンジャリが編纂したとされる、ヨーガスートラ

スポンサーリンク

ヨーガスートラとは

  1. ヨーガを理論的に整理した教典
  2. 全四章、計195の短い韻文で構成されている
  3. 紀元後4~5世紀ころには現在の形のように仕上がっていたと考えられている
  4. 紀元前までさかのぼる箇所がある
  5. 著者であるパタンジャリについては、何もわかっていない
  6. ヨーガスートラはパタンジャリ以外にも多くの人物が編纂に関わっている?
  7. 一貫性に欠く記述が多いため、時代を跨ぎ数名のパタンジャリによって編集された可能性も?

ヨーガとは

ヨーガスートラの第一部、冒頭でヨーガの奥義が書かれている。

1-1 今から、ヨーガの研究を始める。

1-2 ヨーガとは個人意識における動きの静止である。

簡潔ではあるが、ヴェーダ、ウパニシャッド、サーンキャ(数論)哲学やギーターなどを学んでいるヨーガ実践者や研究者以外にとっては、とても難解であり、意味不明である。

そしてここから先は、サマーディ(無種子三昧)に至るまでのプロセスが説明されている。

おすすめヨーガ・スートラ

※紹介するスートラは私が読んだことのあるもののみ

タイトル インテグラル・ヨーガ(パタンジャリのヨーガ・スートラ)
著者 スワミ・サッチダーナンダ
ポイント
  • 私が読んだヨーガスートラの中では、一番読みやすく、解りやすい。
  • ヨーガスートラ入門の一冊。
タイトル 解説ヨーガ・スートラ
著者 佐保田鶴治
ポイント
  • 佐保田先生のスートラは、厳格な用語法を用いているが故に、とても難解。
  • ヨーガの理論を探求するには最高の一冊。
タイトル 現代人のためのヨーガ・スートラ (GAIA BOOKS)
著者 グレゴール・メーレ
ポイント
  • ほとんどのスートラは学者先生による翻訳だが、
  • このスートラはヨーガ求道者の立場から書かれたもの。
  • またタイトル通り、現代人にわかりやすい解説。

最後に

ヨーガスートラを学ぶことは、ヨーガ八支則、ニヤマ(勧戒)にあるスヴァーディヤーヤ(自己学習)に値する。

その中でヨーガの理論、そして歴史に触れることでヨーガがより一層深く、素晴らしいものになるでしょう。

長い年月を経て完成したヨーガスートラ、1、2度読んだだけでは理解できるものではありません。

それはヨーガスートラに限ったことではないと思います。

シェイクスピアのソネット集を読むように、まずは心で感じてみて下さい。

晴耕雨読

雨の日は家でのんびりと読書でもしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました