ヨーガとは 自分自身の言葉を使い、ヨーガを解説をする

文典家パタンジャリが編纂したとされる、ヨーガ・スートラ

ではヨーガの定義と

ヨーガハ・チッタ・ビリッティ・ニローダハ

つまり、

ヨーガとは個人意識における動きの静止である

ヨーガとは心の働きを止滅するものである

ということになる。

簡潔ではあるが、ヨーガ・スートラヴェーダーンタサーンキャ(数論)哲学ギーターなどを学んでいるヨーガ実践者や研究者以外にとっては、とても難解であり意味不明とも言える。

ということで、ここからは私自身の言葉を使ってヨーガを解説してみたいと思う。

ヨーガやそれらの哲学に馴染みのない方にでも、ヨーガが理解できるように専門的な単語の使用は控えます。

また私がこのブログで伝えるヨーガは、あくまでも私自身が考えるヨーガのアウトラインでしかない。

詳しくは、ヨーガ・スートラ、ギーター等の書物で学ぶことをおすすめします。

さて、ヨーガを一言で表現するのであれば、「生き方」と言えるでしょう。

これは私だけに限ったことではなく、ヨーガを長年続けている実践者も、同じように答えるのではないでしょうか。

ただし、この表現もあまりに漠然としていて、ヨーガを初めたばかりの人には分かりづらいかもしれません。

一般的にヨーガを言及するとき、ほとんど場合はヨーガのポーズやヨーガスタジオを連想するのではないでしょうか。

例えば、「私、ヨーガを始めたの」=ヨーガ・スタジオでのプラクティス

これは間違いではないですし、アサナがヨーガの一部である以上、否定されるものではありません。そして何より、人それぞれにヨーガがあり、求めているものが違うことを理解しなければいけません。

いつの時代でも、新しいものは批判にさらされることが多々あります。

これはヨーガに限ったことではなく、長い歴史を持つものであれば尚更でしょう。

しかしながらそれらは時間ともに淘汰され、本物だけが次の時代の日の目をみるのです。

少し話が脱線したので、この辺りで本線に戻します。

仮にヨーガが、マットの上で行う奇妙なポーズだけの実践であったとしても、ヤマ(禁戒)、ニヤマ(勧戎)を学び実践し始めること、呼吸をほんの少しだけ意識することで、ヨーガがマットの上だけの限定的なものから、日常に深く根を下ろすスタイル(生き方)に変わっていくはずです。

ここで言及している呼吸とは、ウジャイなどの特別な呼吸法ではなく、気づいたときに深く長い呼吸をする程度のもの。呼吸を整えることで、感情の昂りを抑制する効果がある。

「はい、深呼吸をしましょう」、よく聞くフレーズですよね。

この深呼吸はとても意味のあるものなのです。

人は飲まず食わずでも数日は生きれますが、酸素の供給が数分ストップしただけで、

低酸素症に陥り、死亡してしまいます。

極端な話ではありますが、呼吸をするということは、生命の維持に必要不可欠であるにもかかわらず、意識している人がほとんどいないのが現状ではないでしょうか。

 

私にとってヨーガとは、

「生き方」であり、

体、呼吸、そして心の躾である。

自分自身を躾けることこそがヨーガであり、その遙か先に、どんな状況においてもブレない、影響されない心の状態、つまり「心の働きの止滅」があるのではないでしょうか。またヨーガを継続することで、外側に向いていた知識と意識が内側に向かい、自分自身のちょっとした変化に気づくようになります。これは心身の健康を維持するのには、とても有効だと言えます。心身の健康と美しさを保つには、自分の意識を変えて継続するしか道はありません。

本物は一日にして手に入らないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました