ヨーガにも休日が必要?

スポンサーリンク

はじめに

ヨーガは生活の一部であり、人生と公言している私自身が、

「ヨーガにも休日が必要」と言うと、

おかしな話、矛盾していると思ってしまうかもしれないが、まずは聞いてほしい。

まずここで私が言及しているヨーガとはアサナのことであり、それ以外の7部門を指しているわけではない。

ヨーガ・スートラを読んだことがある方であれば、直ぐに納得していただけるだろう。

つまり、休むのはアサナだけであって他の部門ではない。

できればヤマ(禁戒)、ニヤマ(勧戒)は日々実践し、*プラーナーヤーマ(調息)もまた気がついたときにでも意識してほしい。

*ここで言及しているのは、特殊な呼吸法ではなく、ゆったりとした長い呼吸

アシュタンガヨーガにおける休日

アシュタンガヨーガでは伝統的に、新月と満月のMoon day、そして土曜日が休みになる。

Moon dayに関しては、引力などの自然の摂理が理由になるだろう。

また土曜日の休みについては、練習量が多いアシュタンガヨーガでは必然と言えるのではないだろうか。

アシュタンガヨーガを1か月ほど継続すれば、疲労が溜まってきて、必ず身体が重くなるはずである。日々ハードワークをこなしている方であれば尚更だろう。

ヨーガの休日について

では実際問題、いつヨーガの休日を取ればいいのだろうか?

ヨーガをスタジオでのみ行う方、また週数回のセルフプラクティスと決めている方には、あまり参考にはならないかもしれないが引き続きお付き合い願いたい。

さてヨーガの休日だが、実は私自身は設けていない。

これについては特に理由があるわけでもなく、自然とそうなった。

正確には言うのであれば、理由がないことはない。

なのでヨーガの休日も設けていない私自身は、数カ月間休まずにヨーガを続けることもある。

ではヨーガの休日はいつ取っているのかと言うと、体調が優れない時、また一日掛かりの移動で時間を作れない時だけである。

つまり不定休ということになる。

以前は体調が悪くても、8時間に及ぶフライト後でもヨーガをしていた。

しかし体調不良時のヨーガは、更に体調を悪化させるだけだと気づいた。

また長距離移動後のヨーガは、普段行っているものではなく、10分程度の即席ヨーガが効果的だと実感したからだ。

私自身、体の線が細く、見た目は華奢だが、意外と身体は強い。

そんな私でも、年に数回は調子が悪くなる。

これは風邪をひいたり、熱が出たりということではなく、疲労の蓄積、また睡眠の質の低下などによってリカバリーが追いついていない状態である。

簡単に言えば体がだるいということである。

こんな時は迷わずに休むことにしている。

なぜなら体調不良時のヨーガには、メリットがないと感じているからである。

しかし誤解しないでほしいのが、体がだるい時のお休みであって、決して心がだるいときではない。

気持ちが乗らない、進まないときには尚更、自己統制の意味でヨーガマットに座り続ける必要がある。

しかしながらヨーガ後には、なんとも言えない清々しい気分、心落ち着いた状態になる。

まさにヨーガの恩恵である。

まとめ

私のヨーガの休日は、不定である。

なぜなら、定休日を設けてしまうと、ヨーガの休日が増えてしまうからだ。

私自身は常に身体の調子、微妙な変化、そして身体からのメッセージに耳を傾けて、微調整しながら日々生活している。

身体の調子が悪ければ休み、調子が良ければ継続する、

それは「晴耕雨読」的な生活とも言えるかもしれない。

これは食事にも当てはまる。

身体が要求するものを自分で調理し、美味しく、感謝して頂く。

仮に身体が要求するものを摂取しないと、間食に走ったりと、暴食につながるので意外と分かりやすいかもしれない。

しかしながら、ヨーガと同じように、身体が要求するものを頂くのであって、心が要求するものではないことを今一度言っておこう。

心には体よりも、より厳しい躾が必要である。

体調が優れない時は勇気をもって休もう。

気持ちが乗らない時こそヨーガをしよう。

タイトルとURLをコピーしました