スーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)は万能シークエンス、スーリャ・ナマスカーラから始めるヨーガ

スポンサーリンク

スーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)とは

ヨーガ(アサナ)の最初に行うことが多いシークエンス

※ヨーガの流派によって含まれるポーズに若干の違いがある

※アシュタンガ・ヨーガのスーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)Aは9のポーズから成っている

どうしてスーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)から始めるの?

  1. 熱を作りやすい
  2. 筋肉を伸ばしすぎたり、痛めることがあまりない。理由は、アド・ムカ・シュヴァナアサナ(ダウン・フェイシング・ドッグ)以外のポーズはステイがなく、呼吸に合わせて流れているため。
  3. 外に向いていた意識が内側に向いやすい(集中力が高まる)

スーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)は万能なシークエンス?

  1. シークエンスに含まれるポーズのバランスがいい
  2. 身体を引き締めて、呼吸を強め、心のバランスをとってくれる

※アシュタンガヨーガのスーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)Bも素晴らしい

(スーリャ・ナマスカーラAにヴィラバドラアサナ、ウトゥカタアサナを加えたシークエンス)

実は難易度の高いシークエンス、スーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)

  1. 呼吸と動作の連動の意識
  2. 耐久力の必要性
  3. 基本のポーズの集合体だからこその難しさ(傍から見たら美しく完璧に見えても、本人には不十分なことが分かる)

時間が作れない、でもヨーガがしたい人のためのプログラム

  1. スーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)A×5
  2. スーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)B×3~5
  3. ウッティタ・トリコナアサナA、B
  4. ウッティタ・パルシュヴァコナアサナA、B
  5. シャヴァアサナ(屍のポーズ)
※スーリャ・ナマスカーラにはねじりの要素がないので補足
※時間に余裕があれば、フィニッシング・シークエンスを行う
フィニッシング・シークエンス(プログラム4と5の間に)
  1. サランバ・サルヴァンガアサナ(肩立ちのポーズ)
  2. ハラアサナ(鋤のポーズ)
  3. マツィアサナ(魚のポーズ)
  4. シルシャアサナ(頭立ちのポーズ)

最後に

一般的にスーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)といえば、ウォーミングアップと捉えられがちですが、実際は高難易度の奥が深いシークエンスなのです。
私自身ヨーガを始めてから15年ほど経ちましたが、未だに納得のいくスーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)を一度たりともできたことがありません。
とはいえども、基本的なポーズから構成されているこの万能なスーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)に数個のポーズを加えることで、簡単なプログラムが完成します。
時間が無いと諦めるのではなく、数十分の時間を作ってスーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝)からヨーガを初めてみませんか。
忙しい、忙しいと言っていては、心が身体から遠く遠くへと離れてしまいます。
心を亡くしてしまえば、きっと何をやっても上手くはいかないでしょう。
まずはマットに坐り、遠く離れた心を取り戻しましょう。
そして今度はその心を身体に繋ぎ留めましょう。
すべてはあなたの心次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました