ブレンドスパイスで料理上手

スポンサーリンク

はじめに

美味しい料理を作ることは、誰にでも出来ます。

その美味しい料理を安定して供給し、利益を生み出せるのが、プロの料理人です。

そんなプロの料理人の包丁捌き、見ていて飽きることがありません。

特に和食の料理人の魚に対する情熱といったら、凄まじいものがあります。

それは魚用包丁の種類が物語っているのではないでしょうか。

出刃包丁、柳刃包丁(刺身包丁)、身卸出刃包丁、

舟行包丁(漁師が漁に持っていく万能包丁)、まぐろ、鱧、うなぎ専門の包丁。

どうでしょうか?

これらの包丁を丁寧に砥石で研ぐ姿は、本当にカッコいいです。

魚と和の食文化は、切っても切れない関係ということがご理解頂けたことと思います。

すみません

本題に戻ります

このように私達素人は、プロの料理人のように包丁を巧みに操ることは出来ません。

しかしながら、美味しい料理が作れないのかといえば、そうではないのです。

作れるのです。

今回は同じ食材を使っても全く違った料理にすることが可能な、スパイスのお話です。

スパイスとは

一般的なスパイスに対するイメージ

  1. 薬臭い
  2. 刺激物
  3. 使い方がよく分からない

このような感じかもしれません。

そんなあなたもでも、絶対に10種類以上のスパイスを使用しているはずです。

例えば

ネギ、タマネギ、ニンニク、ショウガ、ピーマン、シソ、カラシ、わさび、赤唐辛子、ブラックペッパー。

これでちょうど10種類です。

この中で使ったことのないスパイスはありますか?

おそらくないと思います。

えっ、

ネギ、タマネギ、ニンニク、ピーマンは野菜じゃないの?

これらは確かに野菜です。

しかしながら、スパイスでもあるのです。

実はこの4種類には刺激性の呈味をもつという共通点があります。

この刺激性の呈味こそが、スパイスの範疇なのです。

但し誤解しないでいただきたいのが、

刺激性の呈味が辛味だけを指していないことです。

シソはどうでしょうか?

イメージではハーブですよね。

これも間違いではありません。

しかしながら、食材として使用できるハーブに関しては、

スパイスと呼ぶことも出来るのです。

このようにスパイスの定義付けは幅広く、

難しいことが分かっていただけたかと思います。

この時期が旬の、サンマ

焼きサンマには、やっぱり「大根おろし」

私達はこれを、薬味と呼びます

これもスパイスとしてカウントすることが可能です。

ブレンドスパイスを使って、料理上手

メイン食材:鶏もも肉

サブ食材(付け合わせ):あなたの好みとセンスで

ブレンドスパイス:

ブレンドスパイス名 料理名
五香粉(中国) 鶏の唐揚げ、大陸風
ガラムマサラ(インド) チキンのグリル、タージ・マハル風
エルブ・ド・プロヴァンス(南フランス) チキンのロースト、プロヴァンス風
チリパウダー(メキシコ) チキンのグリル、アステカ風

※塩コショウのあとに下味に加える(軽くまぶす程度)

最後に

如何でしょうか?

とても簡単ですよね!

是非、挑戦してみてください。

きっとスパイスのイメージが変わるはずです。

また料理の幅が広くなり、楽しくなるでしょう。

もしこれらのブレンドスパイスに慣れてきたら、

ホールのスパイスを使ったり、ブレンドスパイスを作ってみるのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました