エビデンスよりも感覚を大事に より健康に生きる知恵

スポンサーリンク

はじめに

どうしてエビデンスより感覚なのか?

そもそもエビデンスとは何なのか?

人はどうしてエビデンスが取れてるものに群がり、自分の感覚を大切にしないのか?

このブログでは私自身の経験を元に、エビデンスよりも自己の感覚の重要性を話していきたい。

エビデンスとは

エビデンスとは何? Weblio辞書
エビデンス(英: evidence)とは、「証拠」「裏付け」「科学的根拠」あるいは「形跡」といった意味で用いられる語。Weblio国語辞典では「エビデンス」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

 

エビデンスだけでは健康になれない?

あれがいい、これがいいとメディアが言えば、翌日にはそれらが店頭から消える盛況ぶり。

生産元、製造元、また販売に携わる方々にとっては、とてもありがたい、棚からぼた餅である。

そしてそれらのモノが紹介される時、必ずと言っていいほどエビデンスと共に紹介される。

人はこのエビデンスに、とても弱いのだ。

例えば、どこどこ大学のだれだれ名誉教授率いる研究チームによるエビデンスだったとしよう。

それは間違いないと思ってしまう。

それが普通である。

但し、科学の進歩、発展により、エビデンスが書き換えられることを覚えておく必要がある。

例えば、世界各国の専門家が称賛するエビデンスが発表されたとしよう。

しかしながら次の世代ではそのエビデンスは古いものとされ、新しいエビデンスの報告によって間違いになる可能性もあるのだ。

つまり科学というのはそのくらいのスピードで進歩していることになる。

ここで私が何を言いたいのかと言えば、エビデンスもまた100%ではないということである。

また人の体はそれぞれである。

人の好みや考え方によく使われる四字熟語に「十人十色」とあるが、体もまたそうなのである。

アーユルヴェーダを含む、東洋医学を学んでいる方であれば、直ぐにご理解頂けるであろう。

仮にそのエビデンスが、100%であったとしても、すべての人に100%の結果がもたらされるということがないことを理解する必要がある。

ここまで読んでいただいて、健康には100%が存在しないことを何となく分かって頂けたら十分である。何となくでいいのだ。

次は、健康への近道が存在するのかをお話したい。

健康への近道はある?

断言する、健康への近道は存在しない。

がっかりしないでほしい。

これが事実なのだ。

さて、すべてには原因がある。

良くも悪くも、結果には必ず原因があるのだ。

ヨーガを学ぶ人なら「カルマ」といえば分かるだろう。また仏教では「業」と言ったりする。

人は原因となる種子を撒き、日々の習慣によってそれらを成長させ、やがては花開く。

これが悪い場合だと、病気である。

このように病もまた一日二日で目に見えるようになる訳ではない。

不摂生の積み重ねによって、悪い物質が蓄積され、やがて病のもととなり、日々成長して少しずつ体を蝕んでいく。

虫歯になるプロセスをイメージしてみると分かりやすいかもしれません。

例えば、歯磨きを一日二日サボったからといって、神経を抜かないといけないほどの虫歯にはなりませんよね。

虫歯は、プラーク(歯垢)の中にいる虫歯菌が、酸を出し、歯を溶かして起きます。

やがて虫歯菌は糖を餌にどんどん増え続け、虫歯は次第に大きくなっていくのです。

もちろん虫歯になりやすい人、なりにくい人、また進行の早い人、遅い人とそれぞれです。

また歯磨きをしているからといって、絶対に虫歯にはならないとも限りません。

だからといって日々のケアを怠っていいわけではないのですが。

まことしやか、血液の状態が悪い人ほど、虫歯になりやすいと聞いたことがあります。

これに関しては、虫歯に限らず、病気のすべてだと、内心は思っているのだが。

虫歯の話はここまでにして本題に戻ります。

このように、健康な身体を手に入れるにも、不健康な状態に陥ってしまうにも一日二日でなるのではないことが分かったと思います。

私は健康への階段は上り、不健康への階段は下りだと思っています。

そのくらいスピードに違いがあるのです。

体はもとより、心の健康を求めるならば、より長い年月を要するのです。

つまり心身の健康を維持するには相当の努力が必要になるのです。

健康の為に努力などと思う人もいるかも知れませんが、健康であるからこそ人生を謳歌できていることを忘れてはいけません。

さて、健康への近道が存在しないからといって諦めないでください。

さいごに 健康への道は楽じゃない?

  1. 知識のアップデート
  2. 生活習慣の見直し
  3. 自己観察力の向上
  4. 年齢、体力、体調に合わせたヨーガの実践。

新しい知識を学び、東洋の医学、思想と融合させ、今この瞬間の自分自身に適合させる必要がある。

今ある環境にアジャストさせ、生活リズムを微調整し、心穏やかに、心豊かに生きる知恵を見出す。

常に自分自身を観察する癖をつける。

まずはヨーガの実践から始めるといいかもしれない。

ポーズ、呼吸にフォーカスすることによって観察力が少しずつ高くなっていく。

調子の悪いときは、必ず数日前までの生活を振り返り、原因を特定する。

その原因が間違いだったとしても構わない。

問題はその原因だと思われることを繰り返さないことが重要なのだ。

これらを反復することによって、観察力、そして自己のデータが増え、体調管理がとてもしやすくなる。

毎度同じ文句になるが、誰もあなたの健康を守ってはくれないのである。

医師があなたのことを無償で診察してくれるでしょうか?

健康は自分自身で守るほかないのです。

心身の健康を目指すのに遅いということはありません。

今この瞬間から始められるのです。

心身が健康であれば、より素敵な人生が送れるでしょう。

Life
スポンサーリンク
yasuをフォローする
中道ヨーガの世界
タイトルとURLをコピーしました