蓋碗で淹れる日本の釜炒り茶

スポンサーリンク

はじめに

「茶は心なり」

そう思うのは私だけではないだろう。

チャノキと人間の付き合いは、とても長い。

茶を飲むと、スーッと心が落ち着く。

まるでヨーガや瞑想を行った後のようだ。

どうしてだろうか。

おそらく古くから人々は茶の効能を知っていたのかもしれない。

その昔、茶は薬として使われていたらしく、秦の始皇帝は「不老不死」の効果を信じ飲んでいたそうだ。

また中国最古の薬物書「神農本草経」にも茶の効用が記載されている。

その後、唐の時代760年頃に陸羽という人物によって、お茶の最古の書物「茶経」が著される。

さて、お茶の歴史は程ほどにして、このブログのテーマである「蓋碗で淹れる日本の釜炒り茶」に入っていきたい。

蓋碗で淹れる日本の釜炒り茶

蓋碗とは

中国茶器の蓋碗は、日本の汲み出し茶碗に蓋と皿をつけたような形で、一人飲みの場合は、皿ごと手に持って蓋をずらして隙間からお茶を飲み、複数人で飲む場合は、急須のように使用できる、とても便利な茶器である。

釜炒り茶とは

現代の日本茶(緑茶)は、蒸し製(蒸して酸化を止める)が主流だが、一部の地域(特に九州)には中国緑茶のように、釜炒り製(釜で熱を加え酸化を止める)が多く残っている。

そしてその釜の形状も同じではない。

大きく分けると熊本県、宮崎県の青柳製、そして佐賀県、長崎県の嬉野製である。また佐賀県嬉野町は釜炒り茶の発祥の地とされている。

釜炒り茶の水色は、浅蒸し茶と同じように淡い黄緑色で濁りがない。

またその香りは「釜香」と称され、ほっこりと優しいもので、さっぱりとしていて喉越しがいいのが特徴的。

茶情報

商品名 有機釜炒り茶(有機緑茶)上級
内容量 100g
生産地 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町(標高600~700m)
生産者 宮崎茶房
品種 さきみどり、さえみどり、やぶきた
収穫時期 5月中旬
価格 864円(税込)宮崎茶房オンライン価格 2020/06/11現在

釜炒り茶をいただく

使用した茶 有機釜炒り茶(有機緑茶)上級
茶葉の使用量 3g
抽出温度 85℃程度
蒸らし時間 45秒程度(お湯の温度による)
抽出量 100cc程度×3(つまり3煎)

好みがあるかもしれないが、釜炒り茶の「釜香」を愉しむためにも、少し高めの湯温で抽出することをお薦めする。

ふわっと立ち上がる心地よい釜香、口いっぱいに広がる爽やかな香り、喉越し良く、優しい味わい、口の中には余韻がいつまでも続き、脳裏には五ヶ瀬の茶畑が映る。

さいごに

「蓋碗で淹れる日本の釜炒り茶」、如何でしたでしょうか。

お茶の専門家、またはお茶好きには、少し物足りない内容だったかもしれませんね。

もしこのブログを読んで、「お茶を蓋碗や急須で淹れてみよう」と思って頂けたのなら、とても喜ばしいことです。

茶器へのこだわりはいいでしょう。

しかし作法については、あまり難しく捉えず、柔軟に考えてみるのがいいかもしれませんね。

「見立て」ではありませんが、今ある道具を使ってみてください。

忙しい忙しいと言わずに、是非お茶の時間を作ってみてください。

心が落ち着き、心にゆとりができるはずです。

タイトルとURLをコピーしました